Frank Zappa - Burnt Weeny Sandwich (1970) - 07 Aybe Sea

10ビュー

説明 :

ザ・マザーズ・オブ・インヴェンション は、1964年から1975年にかけて活動したアメリカ合衆国のロック・バンドである。主に作曲家・ギタリストのフランク・ザッパと共演し、その作品をレコーディングするためのバンドであったが、ときおり作曲クレジットに名前が記載されるメンバーもいた。

当初、グループは「ソウル・ジャイアンツ」という名前で活動しており、ドラマーのジミー・カール・ブラック、ベーシストのロイ・エストラーダ、サックス奏者のデイヴィ・コロナード、ギタリストのレイ・ハント、ヴォーカリストのレイ・コリンズによって構成されるバンドであった。1964年にコリンズがハントと大喧嘩をし、ハントがグループを去ったため後任のギタリストとしてフランク・ザッパが加入した。それから間もなくザッパはグループのリーダーとなり、1964年5月10日にバンド名を「ザ・マザーズ」と改名した。

1965年の後半、レコード会社のプロデューサーであるトム・ウィルソンがマザーズの演奏していたバーへ少しだけ立ち寄り、レコード契約と2500ドルの前渡し金を提示した。

マザーズとウィルソンは数ヶ月の時日と数千ドルの経費を費やして、バンドの第1作にして2枚組のアルバム『フリーク・アウト!』の録音と編集を終えた。彼らのレコード会社であるMGMレコードが、彼らのバンド名は「マザーファッカーズ」を短くしたスラングではないのかと疑義を呈したため、マザーズは再度その名を変え、「ザ・マザーズ・オブ・インヴェンション」を名乗ることとなった。彼らのデビュー・アルバムは1966年にリリースされ、それに合わせてマザーズ・オブ・インヴェンションはツアーに出た。

MGMによる『フリーク・アウト!』の販売実績の記録は30,000組と比較的少ない数にとどまった。そのためレーベルは次のアルバムの制作費を11,000ドルに削減するという措置をとった。しかし、それにもかかわらずマザーズ・オブ・インヴェンションはザッパの指揮の下で『アブソリュートリー・フリー』、『ウィー・アー・オンリー・イン・イット・フォー・ザ・マニー』、『アンクル・ミート』などの作品を次々と発表していった。

1969年、ザッパはオリジナル・ラインナップのマザーズ・オブ・インヴェンションを解散した。ロイ・エストラーダは、ローウェル・ジョージとともに、リトル・フィートを結成することとした。ローウェル・ジョージは、1968年後半から1969年前半にかけての数ヶ月間やはりマザーズのメンバーであったが、ドラッグに溺れていたためザッパからバンドを追い出されていた人物である。

ザッパは1970年に、オリジナル・マザーズのメンバーはドン・プレストン1人だけを含む形で新しいマザーズを再編成した。

おすすめアーティスト

SALES

30.3万フォロワー

Steve Wariner

1.49万フォロワー

ホルヘ・ネグレテ

1.38万フォロワー

Pianonest

524フォロワー

個人情報保護方針   |   利用規約

Copyright © 2020-2021 9日間の音楽