Mulder and Scully

110507ビュー
カタトニア

カタトニア

897フォロワー

説明 :

カタトニア は、1990年代後半まで人気を博したウェールズのオルタナティヴ・ロック・バンドである。マーク・ロバーツとケリス・マシューズが出会って1992年にバンドは結成した。他のメンバーは、ドラムスのダフィッド・エヴァン、キーボードのクランシー・ペッグ、ギターのオーエン・パウエル、ベースのポール・ジョーンズ。2枚のEP盤「フォー・ティンカーベル」 「Hooked」を録音した。

ペッグが解雇されてエヴァンがアレッド・リチャーズに入れ替わった直後に、最初のスタジオ・アルバム『ウェイ・ビヨンド・ブルー』 を発表した。バンドは、この新しいラインアップでしばらくの間続いた。シングル「ア・ロット・トゥ・アンサー」 はラジオのエアプレイを受けて、1996年9月に全英シングルチャートのトップ40に入るヒットとなった。彼らの大きな成功は、1998年初頭のアルバム『インターナショナル・ヴェルヴェット』 と、シングル「モルダー&スカリー」 で、2週間隔で発表された。アルバムは全英アルバムチャートでナンバー1ヒットに至り、90万枚を売り上げて英国レコード産業協会でトリプル・プラチナを認定された。シングルはシングルチャートで最高3位を記録した。

続いて発表された「ロード・レイジ」 は5月に5位を記録し、ブリット・アワードやアイヴァー・ノヴェロ賞にノミネートされ、Qアワードを獲得した。10月1日にはミレニアム・スタジアムで行われたラグビーワールドカップ1999の開会式でバンドは演奏を行った。マシューズはイングランドのバンド・スペースと共演してシングル「トム・ジョーンズのバラード」 を1998年3月に発表し、1999年12月にはカバー曲「ベイビー、イッツ・コールド・アウトサイド」 をトム・ジョーンズとデュエットした。バンドにとっての最後のトップ10シングルは、1999年4月の「デッド・フロム・ザ・ウェイスト・ダウン」 で、アルバム『カースト・アンド・ブレスト』 に収録されている。解散の噂が流れる中バンドは2年間休止し、2001年にアルバム『ペイパー・シザーズ・ストーン』 を発表後に解散した。

マシューズの飲酒はタブロイドのゴシップ欄で報道されていたが、アルコール中毒から脱却するために2001年中頃にリハビリ施設に入った。『ペイパー・シザーズ・ストーン』のツアーは中止され、その翌月にバンドは解散を発表した。マシューズはその後ソロアルバムを発表し、パウエルはラジオ・パーソナリティとなりチャリティ・シングルを発表した。評論家はカタトニアの作品についてメタファーの使用を強調している詞と曲を比較した。制作はマシューズとロバーツが中心となってバンド全体で行われた。パウエル曰くカタトニアはインディー・バンドというレッテルを貼られることは不本意であり、ポップ・ミュージックを制作している。

おすすめアーティスト

Justo Betancourt

5560フォロワー

Musa Keys

1.41万フォロワー

SHOW-YA

2460フォロワー

アンク

1.68万フォロワー

個人情報保護方針   |   利用規約

Copyright © 2020-2021 9日間の音楽